お散歩しながら想ったこと
抜けるような青空を見ると、やまとを想う。
このところ晴れが多いから、よく思い出す。

夕方の散歩は日暮れ時。
青からオレンジへのいろんな色の空を見ながら、何となく考え事。

やまとはもうすぐ9歳って年で逝ってしまった。
それについては、いろいろ考えて、自分なりに納得してる。
亡くなった直後は、やはり肩に力が入っていたけれど
だいぶ自然に、うまく言えないけど、いろんな面で無理せずいられるようになったかなと
思っているのだけど。

でも、なのか、だから、なのかわからないけど
最近、長寿の子の話を読んだり聞いたりすると
・・・妬ましく思うことがある。
考えても仕方ないことなのに、うらやましいというよりは
ねたましいという言葉が似合うような感情。

よくないな、そんな気持ちになるのは、いやなのに。
父が亡くなった時も、同じような気持ちになった時があったな。
同じことを繰り返して・・・。
なんだか情けなく、泣き出したいような気持で歩いていた。

見上げた空は、日が沈んで暗くなる前の最後の輝き。
西の空だけじゃなくて、東の空もほんのりピンクに染まって
それはそれは、きれいでした。
いろんな色の空を見ていたら、やまとに慰められたような気がしたよ。

大丈夫、いいんだよって。
きっとやまとなら、そんな私のことも、大好きだと言ってくれる。

だから。

大丈夫。
不出来なところはたくさんある私だけど、
後悔するようなことだって、たくさんあるけど、きっと自分を許せるはず。
自分のことを、好きになれるはず。

下を見ると、トコトコ歩くあすかがいる。
泣きそうだったけど、「泣きながら散歩する人」はかなり怪しいだろうから
ちゃんと我慢して帰宅。
玄関で、あすかにお話しながら泣いちゃいました。
やさしいあすかは、ペロペロと舐めてくれたよ。
ありがと、あすか。
スポンサーサイト
[2015/01/12 17:42 ] | 思うこと・・・つれづれ | コメント(3)
7歳の誕生日に、あすかへ
あすか、7歳のお誕生日おめでとう。
もう7歳かぁ。
やまとはもうすぐ9歳って時に亡くなってるから
年齢としては8歳なんだよね。
もともと2歳違いだけど、なんだかあっという間に追い抜いてしまう感じがします。

1年前は、まだまだやまとも元気で、
まさか1年後の誕生日にあすかだけになっているとは、思いもしなかった。
このところ、やまとの足跡として昔を思い出していて、あすかの小さいころの写真を見たけど
本当にやまとが大好きで、尊敬する兄ちゃんで、頼りにしてたんだなって
その当時よりも強く感じます。

やまとが急になくなって、さみしいし、かなしいし、不安だよね。
でもきっと、やまとから託されたこともあるだろうし
あすかはやさしいから、私たちのためにって、一生懸命頑張ってくれているね。

8月ごろは、私もあすかもなんだかぎこちなくて、
お互いに気を使いすぎて、変な感じになったりしてたけど
9月に入ったころから、お互い自然にマイペースでいられるような気がするよ。

やまとと一緒に、普通にこなしていたことも
ひとりだとちょっと勝手が違ったり、
今まで気が付かなかったことに気づいたり、
新しい一面を見せてくれたり。

やまとのしていた役割も
ちゃんと、あすからしく、あすかのやり方でやってゆきそうな
新しく、そういう道を歩き出したような、最近そんな確かさを感じます。

あすかのやさしさ、かわいらしさはそのままに
さらに新しく成長して行けるように
あすからしくゆっくりと、一緒に歩んでゆこうね。

長生きしてね、あすか。
[2014/09/19 06:00 ] | 思うこと・・・つれづれ | コメント(8)
3年
東日本大震災から3年。
普段の会話にのぼることもほとんどなく
パートの最中に揺れてビックリしたことや
スーパーから物がなくなって驚いたことや
計画停電があったことなんかは、
かなり遠い記憶になりつつある。

けど。

被災した地域では、まだまだ「今」の問題。
進んでいることもあるけど、方向性すら決まらないこともあり
街の再建に向けて、考え方が対立したり
難しい問題は、まだまだたくさんたくさんある。

大きな問題には、どうすればいいかなんて
私にはとても思いつかないし
一人一人の抱える問題に、全部寄り添う訳にもいかないけれど
大変な問題に向き合い、一生懸命進んでいる人たちがいるってことは
忘れないようにしたいと思う。

そして、出来ることを、少しづつでもやり続けること。
私の中で、過去の話になってしまわないためにも。

震災直後から、被災動物の保護をしている、仙台のdogwoodさん。
まだ、預かりの犬猫たちがたくさんいます。
3年たっても・・・というのは、
1年間などと期限を切って、引き取るか譲渡する(里親探し)か決断を迫るのではなく
預けている被災者の皆さんの気持ちに寄り添っているからだと思います。
立場によりいろんなやり方、考え方があり、どれが正解という訳ではありませんが
私は、dogwoodさんの人や動物への寄り添い方に共感していて
応援しているんです。

引き取りたいと思いつつ、3年たっても引き取れない、ということは、
得に福島の方などは、元の土地に戻れるのかどうか見通しが立たない。
自宅の再建ができない。
元のレベルの生活の戻れていない、ということですよね。
犬や猫たちも含めて、家族みんなで集まって生活ができるようになりますように。

犬猫たちのお世話のボランティアさんが不足していて
ほんとは、手伝いに行くのが一番助かるんだろうなとは思いつつ
なかなか仙台までは行かれず、ブログで様子を見るだけですが。
支援金という形だったら、遠くても続けてゆけるから
ちょっとづつだけど、応援しています。

いまはJASA(一般社団法人日本動物支援協会)として活動しています。
まだ、被災した犬猫たちの預かりだけで手いっぱいだけど
はやく、その先の目標に向かって進んでゆけるようになりますように。
[2014/03/11 14:45 ] | 思うこと・・・つれづれ | コメント(2)
誕生日に、やまとへ
やまと、8歳の誕生日おめでとう!
去年の誕生日には「うゎ、もう7歳、シニア?!」なんて思ったけど
それは商品の宣伝なんかに刷り込まれていた意識だったかもね。
だって7歳だからといって、特に衰えた感じはしないもの。
人間でいうと・・・っていう換算方法は、何度聞いても忘れちゃうけど
やまとはまだ、シニアなんて言葉からは遠いわね。
数字ではなく、その時その時の状態と向き合ってゆこうね。

定期検査を続けている腎臓系の数値。
じわりじわりと悪くなったりもしているけど
それほどひどいものではなく、血液に足りないミネラルもなし。
実生活に支障なく過ごせたことは、本当にうれしいです。

あのね、やまと、心配かけまいと、隠し事をするのは無しにしてね。
もう、心配しすぎたりせず、現実的に対策を考えるから。
私と、ヒットくんと、あすかと、病院の先生と
”チームやまと”で支えるんだから。
君のためにしてあげられることがあるのは、うれしいことなんだよ。

やまとはすごくマイペースでさ。
散歩の時なんか「もう!勝手な男だなぁ!!」って思うこともしばしば。
家でも「だから、このタイミングではかまってあげられないってば!」
とか思って、やまとのことを怒っちゃうこともあるんだよね。
吠えないから音は静かだけど、主張はうるさいバセンジー・・・。

でもね、表に現れているそういう部分の奥にはね、
甘えっ子で、くっつき虫で、さみしがり屋の家族思いで、
とびきりやさしい心があることを、ちゃんと知っているよ。

やまとのやさしさは、あすかのとはちょっと違って
「男の優しさ」とでもいうのかな。
不安な時に、隣に寄り添って支えてくれる。
で、「なんで進まないのさ?」って、
まっすぐな目で、ちょっぴり背中を押してくれたりする。

そんな君に、私は最近、ちょっと甘えすぎかな。
いつも、本当にありがとう。

最近、写真のバックアップとかで古い写真を見ていて
懐かしい写真を見つけたんだよ。
1bPA200016-1
2007年10月 あきる野にあった、東京ムツゴロウ動物王国の運動会にて。
やまと、もうすぐ2歳の秋。

椅子取りゲームに、私とペアで出場したんです。
オヤツを使ってよかったから、あげながらだったけど
途中でね、「やまとが何をやってるのか理解したな」っていう手ごたえがあったんだ。
しつけ教室の運動会とは違うから、きっちりトレーニングしてきた子は
ほとんどいなかったけど、それにしてもね。
外に出れば、私の存在など消し飛んでしまってたやまとが
私と「一緒に」椅子取りゲーム。
そして優勝!!写真の私、リードを放して万歳してるけど
やまと、ちゃんと座ってるでしょ?

ここまで心を通わせられるようになったことが、どれほどうれしかったことか。
やまとのことが、どんなに誇らしかったことか。
私にとっては、オリンピックの金メダルにも負けない金メダル。

ねぇ。書いたらきりがないくらい、たくさんのたくさんのことがあったね。
これからも一緒に、いろんなことをしよう。いろんなところに行こう。
やまと、私の相棒。これからもよろしくね。
[2013/11/11 19:00 ] | 思うこと・・・つれづれ | コメント(5)
誕生日に、あすかへ。
あすか、6歳の誕生日おめでとう。

あすかはとっても女の子らしくって、
6歳と言えば、女盛りともいえる立派な大人だけど
とてもかわいらしい子だよね。
姿かたちもだけど、その気持ちも、ね。

アピールは控えめだけど、いつでも注目してほしくって
あんまり放っておかれるとスネちゃうんだよね。
あすかが一番かわいいよって言ってほしいし
ヒットくんは男の人だから、特別たくさん愛して認めてほしい。
犬同士の挨拶は、だいたい誰とでも大丈夫だけど
失礼な相手には、強気に言い返しちゃったりする。

そうそう最近ね、犬同士の挨拶の時に、一段と成長を感じるのよ。
今までだったら「なによ!失礼ね!」って言っていた状況でも
ちょっぴり相手を威圧しつつも、ちゃんと嗅がせていたり。
いつも見ていなければわからない位の変化だけど
ふとした瞬間に、今までにない大人のゆとりを感じます。

体の成長は1歳過ぎくらいでだいたい終わるけど
心の成長は一生続くんだね。

今一番思うのは、あすかのやさしさと、深い愛情です。
あすかはとてもやさしくて、争うことが嫌い。
柴犬らしい気の強さはあるし、ここぞという時には怒ったりするけど
出来る限りもめごとは避けようとするよね。

すぐにへこんだり、イライラしてしまう私は、
あすかの愛の深さに、どれだけ救われているかわかりません。
自分で自分がイヤになってしまう時も
あすかは、それでも好きって、全部受け止めてくれるよね。
元気出して、私はここよって。
八つ当たりしちゃって、あとでゴメンって謝っても
いつだって、いいんだよって許してくれる。
その、包み込むような愛の深さは、驚くほどです。

こんな風に書いても、犬を相手に何を言ってるのかなと
変に思う人もいるかな。
でも、最近、すごくそんな風に思うから、書き留めておきたくて。
このまま心が成長しながらおばあちゃんになったら
もう、後光が差して、菩薩さまや如来さまのようになっちゃうんじゃないかしら。

今では、私のそばになくてはならない存在のあすか。
気が強くって、頑固者で、警戒心が強くって
でもとびきりやさしくて、愛情深くって、
お茶目で遊び好きな一面もある、魅力的なあすか。
あなたとの絆が、年々深まってゆくのが、うれしくてなりません。
これからも、私のそばで、私を助けてね。
それから、一緒に楽しいことも、たくさんたくさんしようね。
[2013/09/19 00:00 ] | 思うこと・・・つれづれ | コメント(6)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad