やまとの足跡 (7/完) そしてやまあすの始まり
12月のはじめ、伊豆にてバセオフ。いいお天気♪
PC010047.jpg
ここは貸し切り~
PC010032 1201伊豆オフと旅行
こっちは貸し切りじゃないエリア。でも誰も使ってなかった~。
PC010074.jpg
ガサガサも楽しいよね。

我が家にとって伊豆の日帰りはキツイので、オフ会の後は西伊豆で1泊。
PC020150-1.jpg
お部屋に並ぶ、似た者同士のおふたり。
PC020135.jpg
やまとは、柵とか窓とか、のぞくのが大好きだったよね。
小っちゃい男の子みたいで、かわいかったよ。
お宿の看板犬さんと、近くのドックランにて。
PC020160.jpg
お宿のご主人おすすめの散歩コースにて。
PC020186-1.jpg
これが、三人で来る最後の旅行だね。次からはあすかも一緒だね。

あすかは、丸3か月になるまで社会経験を積んできてもらおうかと思ってたけど
王国の引っ越しスケジュールの都合で、3か月より少し前、12/8に来ることに決定。
やまとも連れて車でお迎え。軽く挨拶を済ませて我が家へ移動!
PC080038.jpg
外で最初にあったときは、ホントにあっさり挨拶だったのに
リビングでフリーにしたら、やまちゃん大喜び♪
PC080030 1208あすか我が家へ
夢中になって匂いを嗅いだ後、大フィーバーで誘ったね。
あすかも、ちょっと椅子の下とかに逃げつつも、負けずに飛びついていたね。
フローリング部分で滑っちゃうから、慌ててカーペットを買うことになったよ。
PC080036.jpg
やまと、下になって遊んであげているときもあれば
口をぎゅっと押し付けるようなしぐさも。
そんな時は、あすかもおとなしく我慢していたりして。
PC110005 1211
いろんな遊び方を見せてくれた、やまととあすか。
PC120015 1212
「あすかも成長しているけど、やまとも新しい変化・進化を見せてくれている」
そんな風に書いてありました。

数日後には、すっかりお兄ちゃんっ子のあすか。
PC130005 1213
兄ちゃん、大好き。
PC100013 1210
私よりヒットくんより、あすかが一番に心を許した相手は、やまとだったね。

ワクチンが完了していなくて、まだお散歩デビューのお許しが出ないあすか。
部屋に閉じ込めていては、社会化が遅れると、リュックで出動!
PC150017-1.jpg
案外抵抗せず、すっぽり収まった!かわいいからもう1枚。
PC150019.jpg
リュック時代が終わって、別々に散歩することもあったけど
基本的には2匹で散歩。
「やまとへの声掛けが減って、やまとに悪いかな」そんな言葉が書いてあった。
あすかが来て、子犬のあすかだけに意識が集中してしまわないよう、
やまとがさみしく思わないよう・・・心がけていた気がします。

こんな姿や
PC180009 1218
こんな姿が見られるのが、うれしくて幸せ。
PC150011 1215
オモチャへの執着が弱めのやまとは、すぐにあすかに譲っちゃって
やまあすで一緒にオモチャで遊ぶっていう風にはなりにくかったんです。
いろいろ工夫して、たまには、古靴下を一緒にかじったり~。
PC220040 1222

お留守番はサークルの中。最初はやまとと部屋を分けていたんだけど
12/19、境目の扉を閉め忘れたら・・・
PC190025 1219
おぅ!いちだんとグチャグチャ!!
でも、よく見たらシーツは破いただけでたいして食べていないし
毛布は・・・ま、綿入りのを置いて行った方も悪いよね。
なにより、帰ったときはふたりともよく寝ていたようだったし・・・。
この事件の後、別部屋での留守番はやめにして
つなぎ部屋サークルでの留守番に変更になったのでした。
(そしたらね、続いていたあすかの下痢が治ったのよ。)

やまと兄ちゃんは、いろんなことを教えてくれていたようで
ゴハンの待ち方とか~
PC110009.jpg
おねだりの仕方とか~
qP1020047 0102
頼りになるねぇ。

年末のドックランデビューで
PC300029 1230
兄ちゃんとは弾けるあすか。案外、知らない犬との交流は苦手と発覚!
ドックラン漬けの年末年始となったのでした。
やまとは、特に守ったり面倒を見るようなそぶりはなかったけど
きっと私たちにわからないところで、サポートしてくれていたんだよね。

2008年のお正月は、やまあすで迎えたね。
qP1020045 0102-1


やまとの足跡シリーズ、どこまで書こうかなと思っていたけれど
なんとなく、ここらが一区切りかな。
この後も、いろんなことがあって、
すっかり大人になったやまとが、若いオスに指導的に唸るようになったり
そういうことを、私たちが理解するまでに、またちょっと大変だったりはしたんだけど。

この先書いていこうと思うと、やはりそれは「やまあすの足跡」
切り離しては考えにくいから、とりあえず、ここでいったん

              完

です。気が向いたら・・・続きを書くかも・・・かな~。
スポンサーサイト
[2014/09/10 10:26 ] | やまと・思い出 | コメント(0)
やまとの足跡 (6) 1歳10か月から2歳
やまとの足跡だから、あすかの登場はもっと先かと思っていたけど
・・・もう、今回登場するんですよ。そんなに早かったっけ?
もともと、2匹にしたいとは思っていたんです。
きっと5歳くらいになったら、やまとも落ち着いて手が空くから
そしたら、やまちゃん活性化!も兼ねて2匹目を~と思ってたんだけど。
案外、さっさと落ち着いちゃって、ドックランでくつろぐことの増えたやまと。
じゃ、早いけど2匹目を迎えようかと考えているころでした。
やまととは違う犬種を育ててみたかったんだけど、何にするか決めかねてました。

9月下旬、ムツゴロウ動物王国、北海道まつり。
いくらとか鮭とかじゃがいもとかトウモロコシとか・・・おいしい物たくさんのイベント。
P9220006 0922王国北海道祭り
やまちゃんに、芯だけ~。いや、ちょっとは粒がついてたかな。

犬連れOKのイベントでしたが、当時たくさん生まれていた柴の子犬たちが
居るエリアは連れて行かれなかったので、交代で見に入りました。
もうそろそろ、引き取れますよ~の柴っ子たち
P9300015.jpg
まだ生まれて3日目です~の柴っ子たち!!
P9220010 0922あすか、か

生まれてるのはね、知ってたんですよ。
でも、その子たちを迎えようって話にはなってなかったんだけど
なぜかこの日、「柴っ子たちの予約、空きがあるよ!」って
ヒットくんが乗り気になったんですよね~。不思議な縁です。

すぐに迎えるのは、心の準備も物の準備もできてないから
生まれたばかりの子たちを予約して、待つことに・・・。
次の週、また見に行きました。
P9300012 0930どの子になるかな
お母ちゃんと幸せな子犬たち。この中の1匹があすかになるんです。

さて、やまちゃん一人っ子時代・最終章!
ヒットくんの両親と、日帰りで長瀞へ行きました。
PA140029-1.jpg
休憩で食べた甘栗、やまちゃんもおすそ分けをもらったよ。
PA140017 1014長瀞-1
やまとはね、みんなが食べてる同じものを
ちょっぴり分けてもらって一緒に食べるのが好きだったね。
かき氷屋さんで、お義母さんとヒットくんと。
PA140043-1.jpg
その頃あすかは、生後約1か月。ふんわり焦げパン時代。
PA130089 1013
2匹目が来るのがうれしくて、お散歩友達とかにワクワク報告するんだけど
なぜかその頃、2匹目が来ることにも、それが柴なことにも否定的な人が多くって
・・・わたくし、ちょっと凹んでスネていた気がします。いざ迎えてみたら・・・柴、大好評だったんですけどねぇ。


実は、この年の11月でムツゴロウ動物王国は閉園することとなったのですが
それを知ったのは10月中旬、あすかを迎えると決めた後だったんです。
(我が家にとってはとても楽しく大切な場所だったんだけど、お膳立てされた楽しみ方に慣れた人たちには、楽しみ方がわからなかったのかも・・・。)

参加2回目にして、最後となってしまった王国運動会。
前年も頑張ったけど、この年はよりいっそう成長を感じさせてくれました。
まずは、レジャーシートを敷いて基地を作って
PA200037-1.jpg
「シッポ振り」と「ワンワン対決(吠えた回数を競う)」は、やまとには不可能だから
参加しなかったけど、あとは、全部エントリー。
早食い対決では、大きなビスケットを、ゆっくりおいしく頂いたお坊ちゃんでした。

私が一番うれしかったのは・・・椅子取りゲーム!
全体にルールは緩めの運動会だから、オヤツOK・人間が椅子に座るときに
お座りをしていれば、そのあと動いちゃってもOKでしたが。
PA200013 1020運動会-1
最初は、ワサワサして「なに?」って顔してたけど
途中から「あ~、ぐるぐる歩いて、お座りするとオヤツがでるのね♪」って
おっ、やまと、理解したなって手ごたえがあったんです。
それでもって・・・
PA200016-1.jpg
わーい、優勝!!私もオシリブンブンして頑張ったけど
やまと、私がバンザイしてリードを放しているのに、ちゃんと座ってるよね。
やまとが一緒に頑張ってくれたこと、うれしかったなぁ~。

10月下旬、あすかをこの子に決定!一番お転婆そうな娘にしました。
PA270040 1027あすか決定-1

誕生月の11月はいろいろあって
やまとの父親とその家族も集まっての「親戚オフ会」
PB230040-1.jpg
えーっと、これには兄弟たちは写ってないかな・・。
みんな穏やかで、ケンカは無し!やまとはドックランで大人気。
PB230022.jpg
みんなに「あそぼ!」ってされて、ちょっと大変そう?
でも、楽しく遊んだんだよね。
PB230010 1123親戚オフ
東京ムツゴロウ動物王国最後の日には、もちろんやまとも一緒にドックランへ。
取っ組み合いして、やまとの首、ビチョビチョだね。
PB240069 1124
あすかはまだ2か月だから、王国が片づけてお引越しするまで、
もう少しみんなの所で社会勉強しておいでね。
PB250007 1125王国最後
おっきくなったね。
PB170001 1117
一番最後までいたら、寒くなってきちゃったから、やまとはおヒザで毛布。
PB250045.jpg

やまと、2歳おめでとう♪
PB110007 1111やまと2歳
いまはなくなっちゃったんだけど、当時よく行っていたカフェで
小さいバースデーケーキを作ってもらいました。
PB110014-1.jpg
2歳までの1年間は、まさに「実りの1年」だったね。
1歳になった時も成長を感じたけど、積み重ねてきたものが花開いたような1年でした。
私たちのやり方も、少しづつ変化して、今のスタイルになってきたころだったね。
やまとがいろいろ教えてくれたんだよ。ありがとう。

もうすぐあすかがやってくる。
こんな風にのんびりしていられるのも、もうすこし、かな?!
PB200039 1120
[2014/09/09 08:27 ] | やまと・思い出 | コメント(0)
やまとの足跡(5) 夏の思い出 1歳9ヶ月
ちょっとっつアップしようかなと思っていたけど、
こういうものは勢いのあるうちに書いちゃわないと、止まっちゃいそうなので。
まとめてアップしてるので、よかったらさかのぼって読んでくださいね。
どうしたってやまとのことを考えてしまうし、さみしいし開いた穴は大きいから、
いっそのことガッツリ思い出して、いろんな気持ちをぎゅっと抱きしめてしまおうと始めたこの企画。
・・・案外、初心に帰るような効果もあったりしています。



いろいろあったから、夏の分だけで思い出がいっぱい。選びきれないです。
今でも鮮明に覚えている、一番の思い出は・・・プール!!
沢遊びはチャレンジしていたのだけど
「怖くはないから用事があれば入るけど、別に楽しくないんだよね。」
っと言った雰囲気のやまとくん。
前年は見送っていたプール遊びを、やってみることにしたんです。

ムツゴロウ動物王国には、腰くらいの深さのプールがありました。
短毛種は浮きにくいからというので、まずはライフジャケットを借りて・・・。
抱えて入ると足をバタバタするから、そーっと放すと犬かきになる!とのこと。
おお!泳げるじゃないの~♪ライフジャケットを脱がしてみても大丈夫。

でも、好きではないみたいで、自分からは入らず
奥まで連れて行って放すと、陸まで高速犬かき!!という感じでした。
行くたびに試し、チャレンジ3回目の日。
ここのドックランはインストラクターさんがいて、ドックランに預けて
私たちだけ王国の中に遊びに行くことができたんです。
たびたびそうして預けていて、やまとは子犬のころはへっちゃらで遊んでいたけど
だんだん、後追いの遠吠えをするようになったりしていたんです。

この日も、午前中に少し預けて私たちだけ中で遊び、午後からプール。
私もヒットくんもプールに入り、奥からやまとを呼んでみました。
泳ぐのが好きじゃないやまと。プールサイドで困り顔。
迷って迷って、何度もためらって・・・・そしてついに!
なんと自分からプールに飛び込んで、一生懸命に私たちの方へ泳いできてくれました。
P8150011 0815プール
(動画から取ったこんな写真しか残ってなかったの)

うれしかったなぁ。また置いて行かれたら大変!って思ったのかな。
必死にたどり着いたやまとを抱きかかえながら
うれしくてうれしくて、顔が濡れていたのは水しぶきだけじゃなくて
涙もちょっと出てたかもってくらい、やまとの気持ちがうれしかった。

その後、結局プール好きにはならなかったけど、忘れられないプールの思い出。

この夏、王国では大宴会というイベントもありました。
昼間はBBQが食べられたり、みんなでワイワイ過ごし
希望者は夜までいて、テントを張って1泊してOKという企画。
ちょっと前に、福引でテントが当たっていた我が家は、お泊りにしました。
夜にはキャンプファイヤーもありました。
P8180025.jpg

初めて使うテント~♪
P8180009 0818王国大宴会-1
やまと、不思議そうです。最初は警戒して入らなかったんだけど。
P8180051.jpg
ま、入れてしまえば、暴れるわけではなく。
落ち着かなげではあったけど、ヒザに抱えてしまえば眠れたし
くっついていればちょっと安心。
P8190057.jpg
周りには、同じく犬連れお泊り組がいて吠え声も聞こえたから
やまとは緊張の一夜だったかな?朝起きてもボケーっとしてます。
P8190068.jpg
家に帰ってから、1日中こんこんと眠っていました。
あまりアウトドアな遊びはしたことのない我が家なので
お手軽キャンプ気分でテントがつかえて、いい経験になりました。

あちこちのドックランに行って、取っ組み合いも走りっこも
まだまだしていたけれど
P8260024 0826
エンジンのかかりが遅くてなかなか遊びださなかったり
ドックランの中で、のんびりくつろいでいる時間も多くなっていました。
あれ?落ち着くの早すぎるんじゃない、やまとくん。

そのかわり・・・というか、前と比べて、だんだん人に興味を持つようになり
自分から近づいて触れ合うようになってきました。
ずっと、もう少し人にも興味を持ってほしいなと思ってきたから、うれしかったな。
リビングでもフリーの時間がほとんどとなり、私たちの食事の時に
伏せて待つことも増えました。それで、おねだり技にも磨きがかかり
アゴ乗せだけじゃなく、前足でチョイチョイしたり、あれこれ試していたみたい。
その頃の日記に「こうなって欲しいと仕向けた方向に、いつも少しづつ
変化を見せてくれる」って書いてあったよ。

夏の終わり、9月中旬のバセオフ。山中湖だったからついでに1泊しちゃうことに。
前に来て気に入った駐車場で、ちょこっとフリータイム。(えー、ホントはイケナイのですよ。)
P9160019 0916オフ会ついでに旅行-1

前回お世話になったのと同じお宿。ドックランでひと遊び。
P9160042-1.jpg

オフ会の場所のドックランは、下草の感じとかがやまと好み♪
P9170133.jpg
楽しく走って、取っ組み合いもして
P9170095.jpg
もちろんおねだりも
P9170080-1.jpg
お昼寝だってしちゃいました。
P9170123.jpg
やまとが楽しいと、私たちも楽しい!
楽しいことたくさんの夏でした。
[2014/09/04 20:04 ] | やまと・思い出 | コメント(0)
やまとの足跡(4) 1歳5ヶ月から1歳8か月ごろまで
ムツゴロウ動物王国のドックランには、インストラクターさんがいて
犬同士のことをちゃんとわかってくれていたから
やまとが激しい遊びをしても安心だった。
普通のドックランだと、飼い主さんに「噛んでる~」と嫌がられないよう、声をかけ
嫌がってないか探り、なるべく理解してもらえるように話すって作業は
けっこう大変だったんだ・・・。やまとの為だから、がんばれたんだよ。

顔なじみのお友達もできて~
P4010005 0401王国
自分の体の大きさを分かってて、加減してくれる優しいアルムちゃん。
P4010021.jpg

飼う前の情報が「齧るのが好き」とか「噛む力が強い」とかが多かったので、
ロープや硬いゴムなどのオモチャが多かったやまと。
部屋での遊びで、すごくお気に入りのオモチャというのが
いまひとつピンとこなかったんだけど、意外なものが好みでした~。
P5160007 0516おもちゃウニ
小型犬用の、すごく柔らかいトゲトゲしたオモチャ。ポチのウニっていったかな。
これだと、かなり盛り上がって一人で遊んでました。
先入観にとらわれず、いろいろ試してみるもんですねぇ。

小さい時には全然できなかったピクニック。
このころには、レジャーシートの上で、おヒザでゴロンとくつろいだり出来るように♪

ドックランでは、まだまだよく遊ぶけど、途中から黄昏ちゃって
遊ばない時間もあったり、遊ぶ気のない時はドックランの真ん中で
ゴロンと転がって休憩しちゃったりしていたね。

ドックランの帰りに、よく寄ったドックカフェ。フリーOKなのがうれしかった。
P5190020 0519ドックライク
良い出会いがあると、カフェの中でも遊んだりしたね。
あと、オヤツのおねだりも、たくさんしたね~。

5月中旬。2回目のバセオフ。
前回は、まったくガウガウしなかったやまと。今回は初ガウガウでした。
最初の挨拶で、ちょっと強めに2匹の合わせ技でガウっとされたのが
理不尽だったらしく、初の反撃をしたのでした~。
でも、そんなときでも声をかけたら、ちゃんとこっちを見てくれたし
そのあとは、楽しく普通に遊んでました!
反撃、というのは正しくないかも。ちゃんと言い返した、ということだよね。
P5200071.jpg
誘って誘って
P5200047 0520オフ会②
走ったりもして
P5200054.jpg
ねぇねぇ兄さん、遊んでおくれよ。
P5200068.jpg

家での足ふき写真があったから・・・
P5260015 0526
子犬の頃から、このスタイル。最初は嫌がったんだっけかな?
でも相手にされず、鼻歌交じりに拭かれちゃうもんだから
いつのまにか、ペロ~ンとひっくり返ってるようになったね。

6月上旬、初めての1泊旅行は山中湖。
お庭がドックランになってるお宿で
P6090038.jpg
人も少しドキドキしながら、ベットの間にやまとの基地。
P6090054.jpg
すんなり入って、中で寝られたんだよね。
ふたりとも一緒にいれば落ち着いていたけど、どちらか一人が出てしまうと
そわそわ不安そうだった。
部屋の前のロビーで一緒にのんびり。
P6100073.jpg
自宅じゃない場所で、なんだか不思議な感じがしたな。
湖の方の、大きなイベントの時は使うのかな?って感じの広い駐車場。
だぁれもいないから、こっそり放して楽しんじゃいました。(ホントはダメですね。)
P6090024 0609初旅行
やまとなりの「一緒にいる」という距離があって、それ以上離れると
一目散に走って戻ってきたりする。
P6100109.jpg
そんなことが、心がキュッてなるくらい、いとしかった。

やまとが家に来てからずっと、リビングでサークルを使っていました。
ずっと入れっぱなしという訳ではなく、出ている時間が増えてはいましたが
夕飯の支度中や私たちの食事中など、やまとはサークルに入れる
というスタイルだったんです。
かまってほしくて、サークルから出してほしくて
やまとがシーツを破いてみたり、ホリホリしてみたり・・・。
それに対して、きびしく対応してきたのが、このころ、変化してきてるようです。
ヒザに抱えたり、自分の隣の椅子に乗せたりして一緒に過ごしたり
私が歩み寄ることで、上手くいき始めていました。

5月のオフ会で、ずっとフリーだよ~という家族の話を聞いて
いいな~って思い、私たちの食事中もフリーにしておけるように
イロイロ慣らしはじめたりしてたんです。
最初は全く落ち着かず、テーブルに手をかけたりして大変だったけど
7月1日の日記には、テーブルに手をかけずにいられる時間が増えてきたって
書いてあります。いい子にしているとおこぼれを貰えるから、一生懸命待ってますって。
このころ、おねだり技をたくさん開発して、アゴ乗せも始めたんでした。

日々の積み重ねがあってこそだけど、6月の旅行は転機になったようです。
旅行後の日記に「家事の時にリビングでフリーにしておいても全く問題ない。
だんだん変わっては来ていたけど、先日の旅行からグッと変わった感じがする。」
と書いてありました。

こんな風に遊ばれたり
P7220003 0722
一生懸命遊んでもらったり
P7220005-1.jpg
そんなことをしながら・・・
上手くいかなくてぶつかり合っていたことが
徐々に分かりあえてきた、このころ。

散歩も、引っ張るよりも何かを気にして立ち止まったり、
勝手にゴロンと休憩したりすることが増えていたんだけど。
止まったときは「犬の声がするね~」とか、ちょっと一緒に付き合うと
「いくよ!」の声掛けで素直に歩きだす、とか
なぜか、歌いながら歩いていると調子よく歩く、とか
休憩したそうなタイミングで、私から「休憩しよう」と時間を作ると
「休憩終わり、いくよ!」でサクッと歩き出すとか。
私の方から寄り添い、歩み寄ることで、折り合いはじめた気がします。
[2014/09/03 20:43 ] | やまと・思い出 | コメント(0)
やまとの足跡(3) 1歳から1歳4か月ごろまで
1歳になったからと言って急に大人になるわけじゃないよね。
留守番はやっぱり苦手だったし、
私がいるときでも、シーツをビリビリしたり、ハウスをガリガリしたり。
まだまだ、私と折り合わなかったね。
やまとはねぇねぇって言ってるのに、きつく叱られちゃうから
ションボリしちゃって、で、私も悪かったなって思って
ごめんねぇ・・・って、仲直りして。そんなことも多かった。
私に叱られて、ヒットくんの足の下に避難したり。
mPC090076 1209避難

へなちょこのサンタ帽をかぶせられて~
mPC210087 1221サンタ帽
そういうことされそうな時とか、耳掃除をされそうな時とか
「やめれ~~」の時は、こんなポーズ。
mPC210089
これで、このまま足をバタバタさせて抵抗するんだよねぇ。
おかしくって笑っちゃって、力が入らなかったよ。

ぶつかり合いながら、すこしづつ、分かり合っていったんだ。

外では、まだまだ遊び盛り。取っ組み合い大好き。
2006年の走りおさめ。
mPC310023 1231走りおさめ

散歩では、すこしづつ私を気にするようになり、
がむしゃらに引っ張るだけでなく、いろいろ気にして止まってしまい
進まなくて困ることも増えてきた。
12月中旬の日記に・・・
前に犬がいて引っ張っているときでも「やまとゆっくりだよ~」と
声をかけると「なにかくれる?」って顔をして横に戻ってきたりする。
だいぶ私の声が頭に届くようになった♪
・・・って書いてあった。そうそう、なかなか耳から頭に届かなくってねぇ。

そして、2007年の元旦。
P1010056 0101土手にて

2007年、最初のイベント。ムツゴロウ動物王国での「大散歩」
まずはドックランでひと遊び。
P1080003 0108大散歩
仲良しになったアルムちゃんはマラミュート。
大きいけどまだ9ヶ月、やまとの半年くらい下かな。
P1080004.jpg
「大散歩」は、敷地内の里山をみんなで散歩しようという企画だった。
まずはリード付で歩いてね。
P1080006.jpg
「しばらくリード付で一緒に歩くと、犬たちが状況を理解します。
そうしたら、放しても大丈夫です。」
そういう説明があったと記憶しています。

犬たちが状況を理解する。
このことは、この先、やまとやあすかと暮らす中で実感することであり
そういう力を育てることがとても大切なことだと、今でも思っている。

もちろん、放さなくってもかまわなかった。
私は、まだ自信がなかったんだけど、
ヒットくんが大丈夫だと太鼓判を押したので、リードをオフ!
P1080009.jpg
サクサクと嬉しそうに先頭まで行ったやまと。
でも、それより先にはいかないし、道をそれて山に入ったりもしない。
遠くでキョロキョロと私たちを探すような様子も見せた。
見つけると安心してまた先へ進んだり、呼ぶと走って戻ってきて
で、また先頭に戻ったり~。その日の日記に・・・
「リード付の時よりこちらを見上げることが多いくらい。
こんなこと普段は出来ないから、試してみられてよかった。
とてもとても楽しくて、やまとがすごくかわいくて、ちょっと誇らしかった。」

心がつながっていると、はっきり実感できて、本当にうれしかったんだ。

実は、自由な散歩を知ってしまったら、普段のリードを嫌がって
よけい引っ張るんじゃないかと思っていたんだけど、違った。
この後、今までより私の存在を意識して歩いてくれるようになったんだ。

部屋ではくっつけひっつけ
P2020022 0202
外では、あそべあそべ~!
P1140028 0114小金井
遊び方が激しいもんだから
P1210008 0121
相手の飼い主さんに嫌がられないように苦労したのよ。
P2110044 0211
耳の下をガップリ咥えるんだもの。
P3030029 0303日野ラン
遊びなんですってわかってもらうの、大変だったんだから!
P2110046 0211

カフェでゴロンチョなんかもするようになったよ。
P2040039 0204カフェで寝た
散歩の後は、日なたでゴロンチョ。
P3060072.jpg

2月に兄弟たちと。全員こっち向いてる写真がなかった~。
P2120067 0212兄弟と

3月には初めてのバセオフ。山中湖の方で。
P3180038.jpg
先輩バセにプレッシャーかけられても、ガマンしてジッと嗅がせて認めてもらったね。
P3180034 0318初オフ山中湖
たくさん遊んで、楽しかったね。
P3180052.jpg
[2014/09/02 22:38 ] | やまと・思い出 | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad