やまとの足跡(1) 誕生~5ヶ月ごろまで
2005年11月11日 某個人宅にて、やまと誕生
誕生から4日目
1PB150001 1115誕生4日目
12月11日、待ちに待った訪問日。やまと、決定!
2005_1211_154820AAやまと決定
お母さんと一緒で幸せなやまと。つるつるまるまる♪
2005_1211_155320AA.jpg
こうしてみると、お母さん、やまとにそっくりだなぁ。

実家での初めてのお正月。母の他に祖母・叔父もいる、暖かい家族。
1P1010148 0101幸せな実家暮らし
訪問2回目。大きくなって、ギャング度もアップ!でも、みんなかわいい甘えっ子。
P1080022 0108大きくなった
たくさんじゃれついて、遊んで、疲れたね。
P1080024.jpg

2月11日。待ってたよ、やまと。ようこそ我が家へ。
P2110042 0211家に来た
ポンポコリンのオナカ♪すくすくぷくぷく♪
どういう訳か、最初っからリラックスしていたよね。
P2110047-1.jpg
こうして見ると、小っちゃかったねぇ。くっつくの大好き!
P2120063 二日目

とても寒い年で、ずっと暖かい部屋にいたから、外を知らなかったやまと。
最初は、外に抱いて出るだけで、緊張してブルブルしてたっけ。
ちょうどやってきた郵便屋さんに、唸ってみせたりしてたっけ。
こりゃ、まずいと、すこしづつ外にも人にも慣らしたら
玄関から外に出たがらなかった子が、
1週間で、リードと首輪を見て玄関に走って行くようになったんだよね。

私たちは、自分たちでちゃんと犬を育てるのは初めてだったから
トイレトレーニングは、私の方が緊張して必死だったかも。
何もかも手さぐりで、今にして思えば「そんなに頑張ってキッチリしなくても・・・」と
思うこともあったし、失敗の作戦もあったけど、
でも、いつだってちゃんと向かい合っていたよ。

2月19日、パピークラスの初日。
2か月間は、社会化のためグループレッスンのしつけ教室に行ったんだよね。
すでに人には慣れ始めていたけど、念のため少し人が苦手と伝えました。
でも、全然大丈夫だった!すごく楽しそうだったね。
人を警戒して唸るのは、散歩ではまだ時々あったけど
たくさんの人とオヤツのおかげで、5か月ごろまでには、すっかり慣れたよね。

そして、2月26日は、ドックランデビュー♪
P2260048 0226ドックランデビュー
屋根があるとはいうものの、冷たい雨がシトシトの日だったんだけど
同じ年くらいのサモエドの子がいて、大喜びで遊んだよ。
服を着てたんだけど、邪魔そうだから脱がしちゃった。
でも、ご機嫌で走っていて、体調も崩さなかった。

半分は、やまとが社交的な子になるように。
半分は、私たちが、やまとの遊ぶところを見たいから。
毎週末のようにドックランに通ったね。
P3050097 0305日野ラン
好奇心いっぱい、遊びたくって、いろんな子を誘ったね。
P3050101.jpg
どすこい!相撲も上手でした。
P3180059 0318プチ
遊び好きだから、けっこう人気者♪
P3180063.jpg

留守番はすごく苦手で、パートを終えて帰ると
「さみしかったよぉ」って、頭をギューッと私のオナカに押しつけたっけ。
どんなオモチャを入れておいても、留守番中にトイレシーツをビリビリにしちゃうから
ほとほと手を焼いたのよ。

外の世界が広がるにつれて、部屋での暴れっぷりも力強くなり・・・。
やまとは悪気があってやってる訳じゃないってことは分かっていても
私には、やまとが何を求めて何を言っているのかわからなくって
こちらのしてほしいことを、どう伝えたらいいのかわからなくって。
ヘレンに教えるサリバン先生のようだなって思ったりして。
あれこれ試しては、未熟な私はずいぶんイライラと怒っちゃったりしたんです。
ごめんよやまと。やまとだって大変だったよね。

いろいろ試して、うまくいかなくて、怒って、へこんで、そんな時でも・・・。
P4100061 0410
寝グズで暴れても、ヒザに抱えるとこんなんなって寝ちゃったりする。
くっついて甘えてくるやまと。
そんな君に、やまとだって一生懸命なのに、ごめんねって言ったりしてたんだよ。

ヒットくんが相手だと、いちだんと全力でじゃれつくから、痛そうだったけど
でも、仲良しのふたり。
P3210095-1.jpg

初ピクニックは3月21日。やまと4か月半の頃。
P3210005 0321小山内裏-1
犬を見かければ行きたがるし、食べていればぐいぐい来るし
オヤツの入ったコングは遊んでるうちにシートの外に出ちゃうし~。
全然落ち着いてのんびりなんて出来なかったね。

このころはやっぱり、何しろ遊ぶのが楽しかったよね。
P4020032 0402日野ラン-1
とても好きな写真。このファミリーにも差し上げたいくらいだったのに
その後、お会いできなかったんじゃなかったかな。

外がへっちゃらになれば、散歩で引っ張りたくもなるってもんだよね。
チビの頃は、やたらと克明に「やまと日記」を手書きでしているのだけど
3/15ごろから、散歩での引っ張りとの格闘が始まったみたい。
何しろ好奇心旺盛!!!
P3300042 0330ふれあいばし
いろんないろんな作戦を試したけど、うまく伝わらなかった。
横に「つけ」を求めてる訳じゃない。ただ、リードの長さの範囲くらいで
収まってほしいだけなんだけど、伝えられなくて、たくさん悩んだ。

今まで知らなかった、たくさんの喜びや楽しみがあった。
大変なこともあった。まだまだ、分かり合えないこと多かった。
でも、やまとも私たちも、一生懸命分かり合おうとしていた、このころ。
甘えん坊で一生懸命なやまとを、心からいとしいと思い
やまとと共に成長しようと、心に決めた頃。
スポンサーサイト
[2014/08/27 08:17 ] | やまと・思い出 | コメント(0)
<<納涼祭 | ホーム | 払沢の滝>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad