やまとの足跡(4) 1歳5ヶ月から1歳8か月ごろまで
ムツゴロウ動物王国のドックランには、インストラクターさんがいて
犬同士のことをちゃんとわかってくれていたから
やまとが激しい遊びをしても安心だった。
普通のドックランだと、飼い主さんに「噛んでる~」と嫌がられないよう、声をかけ
嫌がってないか探り、なるべく理解してもらえるように話すって作業は
けっこう大変だったんだ・・・。やまとの為だから、がんばれたんだよ。

顔なじみのお友達もできて~
P4010005 0401王国
自分の体の大きさを分かってて、加減してくれる優しいアルムちゃん。
P4010021.jpg

飼う前の情報が「齧るのが好き」とか「噛む力が強い」とかが多かったので、
ロープや硬いゴムなどのオモチャが多かったやまと。
部屋での遊びで、すごくお気に入りのオモチャというのが
いまひとつピンとこなかったんだけど、意外なものが好みでした~。
P5160007 0516おもちゃウニ
小型犬用の、すごく柔らかいトゲトゲしたオモチャ。ポチのウニっていったかな。
これだと、かなり盛り上がって一人で遊んでました。
先入観にとらわれず、いろいろ試してみるもんですねぇ。

小さい時には全然できなかったピクニック。
このころには、レジャーシートの上で、おヒザでゴロンとくつろいだり出来るように♪

ドックランでは、まだまだよく遊ぶけど、途中から黄昏ちゃって
遊ばない時間もあったり、遊ぶ気のない時はドックランの真ん中で
ゴロンと転がって休憩しちゃったりしていたね。

ドックランの帰りに、よく寄ったドックカフェ。フリーOKなのがうれしかった。
P5190020 0519ドックライク
良い出会いがあると、カフェの中でも遊んだりしたね。
あと、オヤツのおねだりも、たくさんしたね~。

5月中旬。2回目のバセオフ。
前回は、まったくガウガウしなかったやまと。今回は初ガウガウでした。
最初の挨拶で、ちょっと強めに2匹の合わせ技でガウっとされたのが
理不尽だったらしく、初の反撃をしたのでした~。
でも、そんなときでも声をかけたら、ちゃんとこっちを見てくれたし
そのあとは、楽しく普通に遊んでました!
反撃、というのは正しくないかも。ちゃんと言い返した、ということだよね。
P5200071.jpg
誘って誘って
P5200047 0520オフ会②
走ったりもして
P5200054.jpg
ねぇねぇ兄さん、遊んでおくれよ。
P5200068.jpg

家での足ふき写真があったから・・・
P5260015 0526
子犬の頃から、このスタイル。最初は嫌がったんだっけかな?
でも相手にされず、鼻歌交じりに拭かれちゃうもんだから
いつのまにか、ペロ~ンとひっくり返ってるようになったね。

6月上旬、初めての1泊旅行は山中湖。
お庭がドックランになってるお宿で
P6090038.jpg
人も少しドキドキしながら、ベットの間にやまとの基地。
P6090054.jpg
すんなり入って、中で寝られたんだよね。
ふたりとも一緒にいれば落ち着いていたけど、どちらか一人が出てしまうと
そわそわ不安そうだった。
部屋の前のロビーで一緒にのんびり。
P6100073.jpg
自宅じゃない場所で、なんだか不思議な感じがしたな。
湖の方の、大きなイベントの時は使うのかな?って感じの広い駐車場。
だぁれもいないから、こっそり放して楽しんじゃいました。(ホントはダメですね。)
P6090024 0609初旅行
やまとなりの「一緒にいる」という距離があって、それ以上離れると
一目散に走って戻ってきたりする。
P6100109.jpg
そんなことが、心がキュッてなるくらい、いとしかった。

やまとが家に来てからずっと、リビングでサークルを使っていました。
ずっと入れっぱなしという訳ではなく、出ている時間が増えてはいましたが
夕飯の支度中や私たちの食事中など、やまとはサークルに入れる
というスタイルだったんです。
かまってほしくて、サークルから出してほしくて
やまとがシーツを破いてみたり、ホリホリしてみたり・・・。
それに対して、きびしく対応してきたのが、このころ、変化してきてるようです。
ヒザに抱えたり、自分の隣の椅子に乗せたりして一緒に過ごしたり
私が歩み寄ることで、上手くいき始めていました。

5月のオフ会で、ずっとフリーだよ~という家族の話を聞いて
いいな~って思い、私たちの食事中もフリーにしておけるように
イロイロ慣らしはじめたりしてたんです。
最初は全く落ち着かず、テーブルに手をかけたりして大変だったけど
7月1日の日記には、テーブルに手をかけずにいられる時間が増えてきたって
書いてあります。いい子にしているとおこぼれを貰えるから、一生懸命待ってますって。
このころ、おねだり技をたくさん開発して、アゴ乗せも始めたんでした。

日々の積み重ねがあってこそだけど、6月の旅行は転機になったようです。
旅行後の日記に「家事の時にリビングでフリーにしておいても全く問題ない。
だんだん変わっては来ていたけど、先日の旅行からグッと変わった感じがする。」
と書いてありました。

こんな風に遊ばれたり
P7220003 0722
一生懸命遊んでもらったり
P7220005-1.jpg
そんなことをしながら・・・
上手くいかなくてぶつかり合っていたことが
徐々に分かりあえてきた、このころ。

散歩も、引っ張るよりも何かを気にして立ち止まったり、
勝手にゴロンと休憩したりすることが増えていたんだけど。
止まったときは「犬の声がするね~」とか、ちょっと一緒に付き合うと
「いくよ!」の声掛けで素直に歩きだす、とか
なぜか、歌いながら歩いていると調子よく歩く、とか
休憩したそうなタイミングで、私から「休憩しよう」と時間を作ると
「休憩終わり、いくよ!」でサクッと歩き出すとか。
私の方から寄り添い、歩み寄ることで、折り合いはじめた気がします。
スポンサーサイト
[2014/09/03 20:43 ] | やまと・思い出 | コメント(0)
<<やまとの足跡(5) 夏の思い出 1歳9ヶ月 | ホーム | やまとの足跡(3) 1歳から1歳4か月ごろまで>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad