スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
犬たちが教えてくれたこと・・・ウチの犬編
最近、なんとなく頭に浮かんでいることを書いてみようかな。
今週とった写真も一緒に載せちゃうけど・・・
本文と写真は、関係ございません!よろしかったらお付き合いを~。
bP1010757.jpg bP1010758.jpg

実家で飼っていた犬で、私にとって初めての犬は
リリーと言う名前の、オスのシェルティーでした。
末っ子の私にとっては、初めて出来た弟。
リリーが来てから親から「おねえちゃん」って言われるようになったものです。
幼い命が、こんなに賑やかでやんちゃなことを、私は知らなかったから
最初はちょっとビックリ。でもすぐ仲良くなって、たくさん一緒に遊びました。
やがて成長して、だんだん落ちついてきて、心も通うようになって・・・。
そして、だんだん年老いて体力が落ちてくるのです。
末っ子な上に、祖父母と同居の経験の無い私にとって
幼い命が育つのを見るのも初めてなら、家族の年老いていくのを見るのも初めてです。
耳が遠くなって、驚かさないように大きな声で「リリー!」呼びながら近づくのに
触るとビクッ!っとして驚いてしまったっけ。
ヨタヨタながら、最後まで自分で歩けたのは、実はえらかったんだなぁと、今になって思います。
そして、星になった日。最初に見つけたのは私でした。
もう10年ちかく昔のことなんじゃないかと思うのだけど、これを書いている今でも
思い出せば涙がこぼれます。
犬と人を一緒にするなといわれるかもしれないけど、私にとってははじめての
「同居家族の死」でした。
どんなにヨタヨタでも「生きている」ということと「死んでいる」ということが
これほど違うのかと・・・うまく言えないけど、命のとても大切なことを
教えてくれたのは、リリーだったと思います。
bP1010764.jpg 
bP1010767.jpg
犬達は、その命の短さゆえに、たくさんのことを教えてくれるのだと言った人がいます。
本当にその通りだと思います。
bP1010772.jpg
そして今、やまとは私に、幼い命を、その心を育てることを教えてくれました。
やまとは、たくさん主張する子だったから、その一つ一つと向き合う中で
何度”ハッ”とさせられたことでしょう。いろんなことを教えられた気がします。
bP1010777.jpg 
bP1010781.jpg
バセンジーは、犬飼初心者には無理なんていう人もいるけれど
わたしは違うと思います。柴やラブ、ボーダーなんかをよく知った人ほど
バセンジーを迎えたときに戸惑うんじゃないかな・・・。
大切なのは、目の前の愛犬と向き合う気持ち。
主張してくるバセンジーと、どこまでコミュニケーションが取れるようになるかじゃないかな。
それは決して「ボスと下位者」などではなく、同じ生き物としての付き合い。
無理に従わせるものではなく、共に生きるもの。
そしてきっとそれは、他のすべての犬種の犬達にも通用すること。
ただ、人の指示に従って動くことに特化した仕事をしていた犬達は
そういう付き合いが出来なくても、問題が出にくいという事ではないでしょうか。
bP1010785.jpg
あすかが来て、やまととはまったく違う個性に、幼いけど一つ一つ違う
命の輝きを教えられているようです。
やまとの時は、自分で飼う初めての犬だったし、楽しいながらも
”戦い”の日々であったような気がします。やまととは戦友のような感じかな?
あすかとは、もうちょっとゆとりを持って向き合えています。
だから、ゆっくりした成長を味わう事が出来るのでしょう。
この順番、逆じゃなくってよかったなぁ~と思います。
逆だったら、見落としていたあすかのしぐさも、たくさんあったんじゃないかと。
bP1010787.jpg
ゆっくりゆっくり、深く心を開いてくれたり、苦手だった事が
ちょっとづつ大丈夫になったり・・・。
そういう成長を見ることも、きっと犬と暮らす醍醐味というもの。
子犬の時からいい子で完成されていたら、なんだかつまらないですよね。
bP1010789.jpg
そうして私は、いまだにやまあすに教えられつつ、彼らを育てているのです。
人間の子(ヘンな言い方ですね・・・)は、成長がゆっくりだし
育つとともに、犬よりももっと複雑な心の動きがあって、大変そうだけど
その、もっともシンプルで大切な部分は犬と共通していて
成長が早く命の短い犬達は、それを早まわしてで見せてくれるように思うのです。
スポンサーサイト
[2008/08/08 23:10 ] | 思うこと・・・つれづれ | コメント(3)
<<あすか尿検査&つばさドックラン | ホーム | 近場をウロウロ>>
コメント
激しく同意します。
私もそうだと感じています(*^^)v
[2008/08/10 20:42]| URL | TOPY #8HB3wocA [ 編集 ]
やまとっちさんもママ3年生ですね
子供(人もワンコも)を通して見える事、経験する事、子供から学ぶ事はキリがなく、
一生一緒に自分も成長しているんですよね
[2008/08/11 00:22]| URL | トトネフェルママ #- [ 編集 ]
TOPYさん♪
コメントいただいて嬉しいです♪
TOPYさん、お仲間ですね(^o^)
”こちらがわ”の仲間がもっと増えると嬉しいな~と思っています。

トトネフェルママさん♪
自分の産んだ子供がいないのに”ママ”を名乗るのは、なんだか気恥ずかしくって・・。
犬達は”子供の代わり”ではないのだけど、やっぱり愛すべき
”子供のような存在”
育てながら育てられているのです。
[2008/08/11 09:50]| URL | やまとっち #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。